• やのゆうき

ティーンズミュージックフェスティバル

僕たち髷団はあるコンテストに向けて夜な夜な作業をしておりました。

そのコンテストは

ヤマハが主催していた

ティーンズミュージックフェスティバルです。このコンテストで優勝し、デビューしたアーティストさんといえば、歌手のaikoさんがとても有名です。

コンテスト形式で地方から全国に勝ち進むとデビュー?みたいなシンデレラコンテスト。

で、僕たちが作業していたのはデモテープ制作です。平尾スタジオで録音していたのは、

デカダンスダンス/エクストリーム

フューチャーイズブラック/インペリテリ

だったと思います。間違えていたら当時のメンバーから苦情が入る事でしょう(笑)

今思えばむちゃくちゃな選曲でした。

これでもかというくらいのハイテクなギタープレイが押し出された曲なんですが、いずれもボーカルはハイトーン。そしてドラムもツーバスの入った激しいものでした。

僕の残念なオクターブ低いボーカルを除いてメンバーはそこそこ一生懸命に演奏していたと思います。

出来上がったデモテープも当時の高校生感覚で言えば、

俺たち最強爆

しかしながら、今改めて考えてみると、ドラムトラックは

カラオケ用のダイナミックマイクで一点録りなもんだからスカスカだし、パンニングで定位が全てセンターなのでバランスぐちゃぐちゃで聴こえない音多数。。

ベースどこ行ったの?

リズムギター寂し。。

ドラムのバスドラとフィルが行方不明

このデモテープはライブに出る以前のテープ審査用に使われるものでしたが、見事

足切りに合いました爆

素直に反省すれば可愛いのですが、そこは世の中を斜めに見ている大馬鹿野郎達の集団ですから、

俺たちを理解出来ない審査員の耳はクソだ

ということで僕たちが変わることはありませんでしたね(苦笑)

さて、これからバンドで録音をされる方は、

定位/パンニングの設定

周波数/イコライザーの設定

これを必死でやってみてください。格段に音源がよくなりますよ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

0回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now